【台風一過?】河口湖から望む富士山の夕景と朝景


どうもー、愛知県内の鉄道を完乗してきたてりーぬです!

名古屋に生まれて20年、この夏2016年8月28日、ついに愛知県内のすべての鉄道路線に乗車しました!すべての路線を乗りつぶすことを業界(?)...

わりと東海地方の記事を多く書いているので忘れられてるかもしれませんが、現在僕は東京都民です!住居は23区内です!都知事選にも行ってきましたよ!!

…とまあそんな都会アピールには特に意味もなく、御在所へ一緒に登った友人(登山初心者が御在所岳に登ってきた)から「富士山行こうぜ!」と誘われました。富士山を撮りたいということなので、富士五湖の一つである河口湖周辺で一泊する予定を立てました。

中学の修学旅行で山中湖は行ったことはあったのですが、河口湖は初めて。電車からのアクセスもよく、かの有名な「富士急ハ〇ランド」を抱える鉄道「富士急行」の終点の駅が河口湖駅となっています。僕は東京から電車で、友人は愛知からバスで現地集合します。

「富士山×湖」の絶景が撮れることを期待!!img_0625

この日は以前から心配していた台風9号が、無情にも関東地方を直撃。荒れた天気の中、午前9時ごろに家を出ました。目指すは河口湖。まずは中央線で山梨の手前の高尾まで。ここで衝撃の事実を知ることになります。

なんと、台風で高尾から先の電車が止まっている!!

しかも運転再開の目途は立っていないらしい。仕方がないので駅でぼーっとすることに。雨の中の高尾駅。
dsc_2333

猛烈な雨と風の中、高尾駅前では特になにもすることがないので、八王子駅まで戻れば何かあるだろうと思って行ってみる。

dsc_2336

しかしやはり特にすることはない。せっかくなので、嵐の中を歩いてみようと思いかっぱに身を包み突撃。まさかこんなところで役に立つとは…。ちゃんと防備していれば意外と楽しいですね(笑)

とまあ、電車の動く気配は一向にありません。バスの予約ページを見てもしばらくは満席。でも先に名古屋から河口湖に着いた友人に「どうせ動かないしバスで来たら?」と言われたので、もうちょっとちゃんとバスを探してみました。バスは新宿からなので、八王子から新宿までの時間も考えて予約できたバスは16時発。発車時刻まで新宿のガストで時間を潰します。

ようやくバスに乗車。このときすでに家を出てから7時間が経過していました。まだ東京から出られてない。。dsc_2342

電車は全然動かなかったのに、バスに乗ったら中央道であっという間に山梨県に入りることができました。何もしてないのに疲れたのでずっと寝てましたが(笑)

打ちつけるように降っていた雨は、山梨に入ってしばらくすると収まってきて、青空も少しずつ見え始めました。富士山も見える!dsc_2348-1

富士急ハイランドの真横を通ります。ええじゃないか!dsc_2350-1

そんなわけで、富士急行の終点・河口湖駅に着いたのは18時過ぎ。駅でひたすら待っていた友人と合流します。遅くなってごめんなさい。。img_0572-1

それでもさっきまでの嵐が嘘のようにご覧の青空。日はもうほとんど傾いているので、「河口湖×富士山」の夕景を撮りに湖のほとりまで急ぎます。

そうして撮れた写真がこちら!

img_0578-1 img_0590-1

とても幻想的!雲がいい感じに色づいてくれています。

img_0598-1 img_0600-1

旅館街の明かりも雰囲気を上げてくれます。

img_0602-1

河口湖駅方面の対岸から河口湖大橋を望む。ここまで大体歩いて30分弱くらいかかりました。その間にも日はどんどん沈んでいきます。

この河口湖大橋を渡って、本日泊まる宿へ向かいます。

さらに20分ほど歩いてたどり着いたのは、バックパッカーズホステル「ケイズハウスMt.富士」
img_0607-1

外国人観光客向けに格安の宿を提供している”ホステル”で、2段ベッドが並んだドミトリーが中心です。自由に料理ができるキッチンや共同のシャワールームなどの設備があります。

今回僕たちが泊まったのは、男女相部屋の9ベッド ドミトリーで1泊2800円。それにしても宿泊者はほとんど外国人で日本人の僕たちが逆に肩身が狭かった(笑)

ケイズハウスMt.富士

荷物をベッドに置いたら、ご飯を食べるために外出。20分くらい歩いてようやく決めたお店は、インドカレー店「アラジン」。山梨らしさはまったくない!img_0611

でもサービスよくて、思ったより量もあったので満足。おいしかった!

関連ランキング:インドカレー | 河口湖駅

共同スペースでぼーっとしてシャワー浴びて荷物の整理をしたら、早めに就寝。おやすみなさい。。


……次の朝目が覚めたのは6時前。友人は二段ベッドの下で爆睡中。起こすのも申し訳ないけど、このまま何もしないのはもったいないと思い、少し迷った挙句朝の富士山をに見行くことにしました。

空は一面の青空!河口湖大橋を渡りながら富士山を撮ってきました。img_0615

朝霧が立ち込めています。img_0630-1

こちらが河口湖大橋。「日本の道100選」にも選ばれているのだとか。img_0633

対岸へ行く少し手前で引き返し、ほとりを歩いていきます。

img_0636

ごろごろした溶岩が富士山麓らしい景色を作り出してます。

img_0639

夜と朝に渡りこんなに綺麗な、というか”絵になる”富士山を見たのは初めてかもしれない!満足したので、宿に戻ります。

とはいえやはり何もすることがないので二度寝(笑) 次に起きたのは9時前だったかなー、友人に起こされた気がします。

夜コンビニで買っておいた朝食を適当に食べて、宿のレンタサイクルを借りて河口湖を探検します。1時間300円くらいだったかな?ごく普通のママチャリを借りることができました!

ガチなチャリライダーの友人に辛うじてついていきます。ママチャリなら普段乗っているからまあさほど問題はないけれど!再び河口湖大橋を渡り対岸へを回り込んで行き、20分ほどで着いたのは大石公園

ここ大石公園は、ラベンダー(6,7月)やコキアの紅葉(10月頃)の綺麗な風景が有名。今はその時期ではないけれど、湖越しに富士山が見えるはず…img_0649-1

さっきまでの晴れ間が一転、一面の曇り空に。辛うじて裾野が見えるくらい(泣) たった3時間でこんなにも天気が変わるんですね。

img_0646富士山の反対側は青空なのに。あ、こちらは「花のナイアガラ」といい、ベゴニアの花がナイアガラの滝をイメージして飾られています。

img_0654でっかいブドウ?みたいなのも食べました。(全部食べ切れなかったことは秘密)

1時間で自転車を返す予定だったので、意外と時間がないことに気付く。来た道を引き返します。にしても朝の涼しい風が気持ちいい~!

荷物をまとめてチェックアウト。河口湖ともこれでお別れです。15分ほど歩いて河口湖駅まで。富士山の絶景を見せてくれてありがとう。美しい自然、おいしい空気、温かい人たち、とてもいい街だなと思いました!

さて、ここから先は次回!「撮り鉄ごっこ」してきました、ぜひお楽しみに!

友人は僕にこう言いました。 「撮り鉄ごっこがしたい」 なんでも、たまに線路沿いで見かける、ごっついカメラを抱えた撮り鉄の集団をち...

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
スポンサーリンク
レクタングル大