【Photoshop】くもり空を晴れにする魔法「かすみの除去」がすごい


どうも、てりーぬです。今回はちょっと写真の加工についてお話ししようかと思います。

まずは次の2枚の写真を見比べてみてください。どちらがより美しく見えるでしょうか?

違いは歴然。どう考えても、絶対に晴れてた方が綺麗ですよね!

このように、フォトジェニックな風景の写真に青空は必須。上の写真は青空が出てくれるまで1時間くらい待ちました。。

登山にハマり出した友人に誘われて、小6以来9年ぶりに登山してきました。 あの頃、子供心に「登山って楽しい」思っていながら、それ以来なか...

でも、普段の旅行ではそんなに待っていられないし、どうしても青空が出てくれないことなんてよくあります。そんな時も諦めないで!写真の中だけでも青空にできるかも!

そんな願望を叶える機能が、Photoshopについている「かすみの除去」という機能。その魔法のような効果をたっぷりと紹介します!

スポンサーリンク
レクタングル大

Photoshopでのやり方

パソコンでかすみの除去を行うには、最新版のPhotoshopをインストールする必要があります。ちょっとお高いですが、写真をよく扱う方であれば購入する価値は大いにあると思います。


Adobe Creative Cloud フォトプラン(Photoshop+Lightroom) 2017年版 |12か月版|オンラインコード版

ちなみに僕は「Photoshop CC 2017」を使っています。

それではまず、Photoshopで晴れにしたい写真を開きます。

上のメニューの「フィルター」→「Camera Raw フィルター」を選択。

下のような画面が出てくると思います。ここでは数え切れないほど様々な画像の編集ができますが、今回は「fx」というアイコンをクリックして「効果」という機能を使います。

「かすみの除去」はその中にあります!このスライダーを右に動かすと…、

ほら!晴れた!!!

並べてみると一目瞭然!気持ちいい~~!

もともと白く霞んでいた空に逆光という追い打ちがかかった状態でしたが、難なく鮮やかな青空を登場させることができました!

Lightroomでのやり方

Photoshopから派生したソフト「Lightroom」でも全く同じことができます。

Lightroomでは写真の整理と編集が同時にできて、自分も非常に重宝しております。まずは右上のメニューの「現像」をクリック。

そうすると、写真を編集する様々な機能が右側に出現。いろいろいじってみるとすごく面白いのですが、今回は「効果」というところを開きます。

そうすると先ほどと同じように、「かすみの除去」というスライダーが現れます。これを右にグイーンってやると…、

晴れた!!!

手前の岩の影との対比で白く飛んでいた遠い水平線の部分もはっきりと見えるようになりました!

このLightroomにはモバイル版もあるので、パソコン版を持っていたら同期して使うことができちゃいます!

Adobe Photoshop Lightroom

Adobe Photoshop Lightroom
開発元:Adobe
無料
posted with アプリーチ

スマホでもできる!

「かすみの除去」って、パソコン版のPhotoshopを買わないとできないの?

いいえ、実はスマホでもできちゃうんです!

使うのは、Photoshopのスマホ版「Photoshop Express」というアプリ。無料で簡単に画像の編集ができちゃうので、ぜひダウンロードしてみてください!

Adobe Photoshop Express

Adobe Photoshop Express
開発元:Adobe
無料
posted with アプリーチ

まずはアプリでお目当ての写真を開きます。

モバイル版では「曇りの除去」に名前が変わってますが、ほとんど同じ機能。これをスライドすると…、

晴れた!!!

ここまで簡単にできちゃうと笑っちゃうくらい楽しい!どんどんやってみたくなっちゃいます(笑)

いろいろ試してみた

そんなわけで、色んな写真に青い空を創り出してみました!

まずは嵐山。せっかく綺麗な紅葉なので空も鮮やかにしたいところ。

ということで、えいっ!

箱根の山頂で見たもやがかかった富士山も、ほら!

会津若松の鶴ヶ城も!

ビーチバレー後の夕方の空も!

花火大会の前の湯河原の浜辺も!

寝台特急「カシオペア」と撮り鉄たちも!

あたかもいい天気だったかのようにインスタで自慢出来ちゃいますね!これでもう旅先で曇っていてもがっかりする必要はない!

綺麗にできないことも…

しかし、この魔法にも限界は存在します。例えば、『君の名は。』の舞台となった飛騨の駅は、分厚い雲と霧が掛かっていました。

これを思いっきり除去しても、確かに霧はちょっと晴れたけど、全体的になんかどんよりした雰囲気に。これならむしろ前のままのがよかったかも。

それと、やりすぎには注意してくださいね。姫路城のバックが灰色で、白いお城が映えないなぁ…。と思ったからといって思いっきり振り切ってしまうと…、

ちょっと不気味な感じになってしまいました。

かすみの除去は白い部分を減らした分、黒い部分も増やしてしまうことがあるので注意が必要です。

それでもやっぱり青空にしたい!という時は、空を丸ごと違う空に貼り変えてみましょう。

いやー、全然印象が違う!これが虚構の写真だって分かる人はそうそういないんじゃないですかね!

写真を編集することの是非は置いといて、今の時代、編集で何でもできちゃうという事実は知っておくといいかもしれません。

編集って怖い!以上!

前回九州から本州へ帰還した僕は、友人の待つ広島へ向かいます。下関駅から山陽本線で、まずは山口県の真ん中ちょっと東寄り、徳山駅で乗り換...
ちょっと数えてみたら、京都に来たのはもう7回目。それでもまだまだ行ったことのない場所がめっちゃあります。それが京都の魅力、、って何回も言って...
みなさん、年末年始は何をしましたか? 僕は、年末は地元の友人と毎日飲み会で、大晦日から新年にかけてはじいちゃんの家に泊まって紅白を見て...

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大