香川・金刀比羅宮 こんぴら参り785段


阿波池田駅前で降ろして頂いたとき、もうすでに14時を回っていました。

とにかく空腹だったので、駅前の食堂に入る。

名物の祖谷そばらしい。麺類ばっか食べてるなー(笑)

空腹も満たされたところで、阿波池田から北上して琴平へ向かいます。

こんぴらさん、こんぴら参りって聞いたことないでしょうか?

正式名称が「金刀比羅宮」という神社で、伊勢神宮と並ぶほどのパワースポットらしい。昔から庶民の間で親しまれてきたそうです。

琴電琴平駅の前。もうすでに趣深い。

高松でも見たけれど、一応琴電の車両をパシャリ。

で、こちらが肝心の参道。

なんと本堂まで700段以上の石段が続くらしい。。

乗りたい電車が約1時間半後。で、せっかく香川県に戻って来たんだから、もう一杯うどんも食べたい…!

ということで、30分で700段を往復してやろう、と。。

ひたすら階段を駆け上がる。すごい良い眺め!

 

いくつかのお宮を経由しながら、あっという間に(?)本宮へ。

讃岐平野を見渡せる絶好のビューポイント!こんなに高くまで登って来たんだ。。

笑顔って大事。

こちら、遠出する余裕のない飼い主の願いを背負って、一人でお参りに来た犬なんだとか。

お参りをしたら、帰りはただただ駆け降りる。
 

そして香川で二軒目のうどん!

参道のふもとにある「こんぴらうどん」。ごちそうさまでした!

無事に琴平駅へ帰還。

駆け上がって駆け降りたのが功を奏し、電車には余裕で間に合いました。笑

琴平駅16:38分普通岡山行き。これでとりあえず本州へ戻ります。

瀬戸内海に沈む夕陽、つまりサンセット瀬戸(うまい!)

行きにも通った瀬戸大橋を通って、ついに本州へ再上陸を果たしました。

児島駅で快速マリンライナー50号に乗り換えます。

琴平からは、久しぶりの18きっぷルール。

特急使いまくったから少しでも安く済ませねば。。

てことで、岡山からも引き続き在来線でとにかく東へ!

この赤穂線・播州赤穂(ばんしゅうあこう)行きに乗りました。

「播州赤穂」という字面見ただけで興奮するのは僕だけですかね?

よき。

播州赤穂からは、新快速・米原行きで姫路、三宮、大阪、京都を通過してびゅーんと行くつもりだったんですが、、。

あれ、これは……。

はい、ごめんなさい京都から新幹線に乗りました。

時間的にここが限界。笑

帰ってきました。ここが旅の終わり。

次の日バイトだったので、朝早く新幹線で優雅に東京まで戻りましたよ。名古屋滞在時間約7時間(笑)

思えばサンライズ乗る前もバイトだったなぁー。バイトで始まりバイトで終わる旅でした。

こちらが今回の移動経路!

移動距離:約1500km

四国だけをまとめたのがこちら。

四国一人旅のまとめ

今回の四国は、四国へ行きたかったわけではなくて←え、とりあえずサンライズ瀬戸に乗りたいということで何も計画を立てずに指定席券を買ったのが始まりでした。

18きっぷシーズンじゃなかったので、特急乗りまくりでお金もかかったし、計画通りにいかないことも多々あって、楽しいことばかりではありませんでした。

それでも、行きたかった場所にたどり着けると、やっぱり来てよかったと思ったり、久しぶりに高校の友人と会えたり、救世主・中西さんと出会えたりと、なんだかんだめちゃくちゃいい経験になり、これからもずっと思い出に残る旅となったと思います。

自分で1から計画したからこそうまくいかなかったときの悔しさ、辛さも味わうけれど、その分感動も大きくなるような気がします。

まだまだ全然見たことのない景色でありふれているので、これからも旅は続けていきたいですね。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

今度は、都内をママチャリで回ります。お楽しみに!

2016年あけましておめでとうございます! 今年はもっといろんなところへ行くこと、そしてもっと更新のペースを早くすることが目標です。だ...

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
スポンサーリンク
レクタングル大