【信州撮影の旅】諏訪湖・立石公園『君の名は。』聖地巡礼


諏訪湖と富士山に圧倒されてきた後は、諏訪湖を上から見下ろします!

諏訪湖と言えば、そう!「君の名は。」に登場する糸守湖のモデルと言われている場所です。完全にミーハーなわけですが、行くなら今しかないということで行ってきました!

上諏訪駅の近くに、立石公園という諏訪湖を見渡す絶好のスポットがあるらしいので、夕方から夜にかけて撮影していきます!

前回の記事:

姨捨の次は、長野県のど真ん中に位置する諏訪湖へ行ってきました。 実は、その諏訪湖からも富士山を見ることができるのです。距離的には東京か...

スポンサーリンク
レクタングル大

上諏訪駅から徒歩で

中央東線で下諏訪から一駅、上諏訪駅に到着。

ここから諏訪湖が一望できる立石公園までは徒歩30分以上。高台なので地味に険しい道のりですが、日が暮れないように急いで登っていきます。

こんな細い道を通ってショートカット。

ひたすら続く階段。

この変電所って、もしかして、爆破するやつ、、?

この感じも「君の名は。」っぽくないですか??え、そんなことないって?

諏訪湖が見えてきました~!

本当にたどり着くの?って不安になってたときにこの表示は非常にありがたい。

明らかに人が通る道ではないことは分かっているけど歩くしか仕方ない。

立石公園に到着

こんな道中を駆け足気味で進み、駅から徒歩30分で立石公園に到着!ご覧の通り、かなりの人がいます。車で来た人がほとんどなんでしょうけど!

僕がいる場所は、公園の中に立つ展望台。絶好の撮影スポットとなっており、一眼を三脚にセットしたガチ勢がたくさんいました。。

そんな僕もちゃっかり三脚をセット。

この場所で、まずはまだ辛うじて太陽が出てる時間帯に撮った諏訪湖がこちら!

例によってパノラマ合成です。本当に「君の名は。」の糸守湖にそっくりですよね!

せっかくこの時間に来たら、やっぱり夜景も見たい。ということで、太陽が沈んで街に明かりが灯るまで時間つぶし。望遠レンズに交換していろいろ撮ってみました!

諏訪湖の湖畔。左上の船、”すわ”湖だけに”swan”ってことでいいですか??

途中で乱入してきた、ギターを持った3人組。15分くらい歌って颯爽と帰っていきました。周りにわりと中国人とかもいたんですがめっちゃ受けてました(笑)

対岸に見える大きな橋。中央自動車道のやつですね。

頑張って探すと上諏訪駅も見つかります。

諏訪湖の夜景

かれこれ1時間くらいいるでしょうか?なにがあれって、本当に寒い!もう凍るんじゃないかってくらい。吹き付ける風に耐えながら、暗くなってきたのでそろそろ夜景の方を見てみましょう!

僕のカメラで写すことができる範囲って実はこれくらい。

もちろんこれでも十分きれいなんですけど!これをぐるっと3,4枚写真を撮って繋げると!めっちゃ美しいパノラマ写真ができあがります!!

こんな場所があったなんて…。「君の名は。」関係なしに普通にきれいすぎる。「新新日本三大夜景」に選ばれるべきだって本気で思います。。

もう少し広い範囲を合成してみたのがこちら。

え、ちょっと不自然なとこがあるって?そんなところはありません。なにかの見間違いじゃないですか?

いやー、それにしても来てよかった!夜景が有名な函館やら長崎やらのようなぼったくりなロープウェイもなくこんな景色を見れるのは穴場ですね!
【西日本放浪記】長崎・平和公園と1000万ドルの夜景

時刻は17:30。名古屋へ帰る終電が迫って来たので歩いて下ります。この時間になると人も半分以下に減っていました。

上諏訪駅に到着!イルミってました。

塩尻駅で乗り換えて、中央西線で。2時間ずっとぼーっとしてました。

中津川駅に到着。ここまで来ればあと少し!

名古屋行き~!これで帰宅します。

なんか今回は、心が豊かになるような旅でした。ちょうどいい息抜きになってよかったです。

それと、旅の目的が「電車を乗りつぶす」ことから「写真を撮る」ことに若干シフトしてきたということも感じました。もともと写真撮ることも好きだったんですけどね。どちらにせよ電車で移動するという柱は変わらないのでこれからも乗り続けます!

kamisuwa-01

本日の移動距離:340.2 km

matsumoto-nagoya


スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大