【西日本放浪記】宮崎・小渕健太郎ゆかりの地めぐり


【西日本放浪記】バックナンバー
出発前 発案編
出発前 18きっぷ電車旅に必要なもの6選+α
一日目 大阪編 泉大津港までの道のり
一日目 瀬戸内海クルーズ 阪九フェリー「ひびき」に乗ってみた
二日目 大分のUSA!八幡宮の総本社・宇佐神宮
二日目 湧出量日本一!別府温泉地獄めぐり
二日目 大分・由布院の格安民宿に泊まる

 ~~追記~~
ゆかりの地めぐり・第二弾
もぜひご覧ください!こちらの方が多く巡っています!

いきなりですが、今回は空の上からお送りしたいと思います。 というのも、この日は珍しく飛行機で移動。関西空港から宮崎空港までJAL....

12時ごろ大分駅にたどり着いた僕は、宮崎へ向かうためまずは大分南部・佐伯行きの普通電車に乗ります。

P1150305

大分駅を出発して約1分後、前方からなにやら豪華そうな電車が…。あれはもしかして…?

DSC_1268

ななつ星だー!!!(タイミングミスった)

ななつ星とは―1泊2日または3泊4日で九州を周遊する日本初のクルーズトレイン。1泊2日でも最低21万円の料金が必要で、僕にとっては夢のまた夢の電車である。1日1編成しか運行されていないので、出会うこと自体も珍しい。

佐伯駅に到着したら、佐伯-延岡間に含まれる大分県と宮崎県の県境を越えます。これが18きっぷではかなりの難関で、この区間はなんと1日3往復しか普通電車が走っていない!

P1150306

ごめんなさい特急乗っちゃいました…!!(特急は何往復も走っています)

別料金がかかってしまいますが、一度乗ってみたかったのでまあいいことにしよう!

P1150310 P1150309

約1時間、特急「にちりん」の車内を堪能しました。いつも固い椅子しか座っていないのでめちゃくちゃ快適でしたね(笑)

宮崎県は延岡駅からは再び普通電車に乗ります。

宮崎県内は、基本的に海沿いを走っている線路の近くには観光地はほとんどないので、宮崎駅まですっ飛ばしました。

スポンサーリンク
レクタングル大

ゆかりの地めぐり開始

さて、宮崎市といえば、僕の大好きなアーティストであるコブクロの小渕健太郎さん(ギターを持っている、サングラスをかけていない、身長の低い方)の生まれ育った街です。多くのゆかりの地があるので、長崎駅を出発して4時間くらい徒歩で巡ってきました!

最初に行ったのは大淀川。

P1150317

コブクロ初期の曲「朝顔」という曲の1フレーズ

堤防沿いの公園 今も時々 ベンチにひとり
ムネがドキドキ

は、ここが舞台らしいです!

P1150315

そして、約10年前のテレビ番組「プレミア10」で小渕さんが取材を受けていた時に座っていた階段がこちら。

P1150324

コブクロファンの間では「小渕階段」と呼ばれているらしいです。

とてもきれいな川でした!

P1150323

大淀川の近くにある、小渕さんおすすめの「重乃井うどん」。店内には小渕さんの写真も貼られているらしいです!

P1150319

南国チックな「橘通り」と呼ばれる道を歩いていきます。

P1150330

向かい合わせの街路樹~♪
橘通りと交差する県庁前の楠並木。

P1150331

小渕さんがストリートライブをしていたと言われる「若草通り商店街」

P1150334

ここから少し奥へ入った、宮崎名物・チキン南蛮の老舗「おぐら」本店へ。

DSC_1269

これはうまい!

若草通り商店街には他にもゆかりの地がいくつかあるようです。

さて、一度宮崎駅に戻り、今度は日豊本線の東側(海側)を歩きます。

P1150335-1

もうすっかり暗くなってしまいましたが、「風」「未来への帰り道」「蕾」といった名曲の舞台とされる「後田川緑道公園」。

「風」「未来への帰り道」を含む数々の名曲を収録。トリプルミリオンを達成したコブクロの1stベストアルバム!

ALL SINGLES BEST [ コブクロ ]
価格:3054円(税込、送料無料)

P1150337

小渕さんが通った宮崎中学校もたまたま近くにありました。

P1150339-1

またここは、「ベテルギウス」という曲の舞台でもあります。

実はこの公園、急速な都市化により生活排水が流れ込み、悪臭を放つドブ川となっていた後田川を暗渠化することで整備されたという歴史があり、ベテルギウスの中でもそのことが歌われています。

僕等が生まれた頃 ここには 静かな川が流れてた
汚れたものはフタをされてく アスファルトに潰されてく

この曲自体、移り変わっていく人や街を風刺的に表したもので、確かに都市部を中心に水辺はどんどん姿を消し、水は遠く感じられるようになっているような気がします。

特に東京はこの傾向が顕著で、土地がないので川のスペースを有効活用しているような場所も見受けられます。

DSC_2363-1

こちらは川の上にそびえ立つ首都高速の写真。もう川としての尊厳を失っているように思います。

現在、後田川緑道公園は、写真にも写っているように、下水道の処理水を利用した「せせらぎ水路」が整備されており、清流が復活しています。今は全国でこのような取り組みが進んでいて、水辺が少しでも近くに感じられるようになればいいなと思っています!

「ベテルギウス」「赤い糸」が収録されている2008年発売のシングル「時の足音」

時の足音 [ コブクロ ]
価格:1110円(税込、送料無料)

話がそれてしまいましたが、後田川緑道はまだまだ続きます。

P1150341-1

P1150342-1

交差する大きな道路のところで左折すると、小渕さんがあるツアーの前に寝転んだらしい「一の宮交差点」にたどり着きます。

P1150344

え、本当にこんなところで寝たの、??

P1150345

ゆかりの地めぐりとしてはあまり意識は高くありませんが、もう3時間以上は歩いたので宮崎駅へ戻ります。

ゆかりの地めぐりルート

宮崎

宮崎駅に到着!このときすでに9時前。

DSC_1273

DSC_1274

ここからは鹿児島中央駅まで終電で一本!約2時間半の長旅です。

鹿児島に着いたのは23時半。この日はネカフェに泊まることにしました。リクライニングシイートってブースは狭いけど意外と足伸ばせるんですね!

次の日は早朝5時前の電車に乗って日本最南端の駅を目指します!お楽しみに!

【西日本放浪記】バックナンバー 出発前 発案編 出発前 18きっぷ電車旅に必要なもの6選+α 一日目 大阪編 泉大津港までの道のり ...

本日の移動距離:375.3km

西日本7 宮崎

本日の出費

朝食(パン):590円
バナナジュース:300円
カフェオレ:130円
いろはす:110円
特急料金「にちりん」佐伯➝延岡:1,930円
チキン南蛮:1,010円
ネットカフェ:1,300円


計:5,370円


スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大