大阪滅失調査について

早稲田大学建築学科小松幸夫研究室では、大阪のビルの調査をしています。今回は取り壊されたビルがどのような用途に変更されたかを現地へ行って確認します。

ご協力頂く物件は以下の二件です。
EST_ID:30708 (有)TECコーポレーション
EST_ID:30597 (株)パナソニックリビング近畿
(取り壊される前の名称)

Googleマップに詳しい位置と取り壊される前の物件情報が示されているので、こちらを確認してください。
https://drive.google.com/open?id=17V40Ivkkz0nhN9T2e79BqDxLySs&usp=sharing

 

調べてきてほしい内容は以下の通りです。それぞれどのような建物に変わったかを調査します。メモ帳にコピペするなどして保存しておいて、終わったらLINEでいいので送ってください。

EST_ID:30708
BLDG_NAME:(有)TECコーポレーション
【滅失後】
名前:
用途:
地上階:
地下階:
竣工年:
URL:

EST_ID:30597
BLDG_NAME:(株)パナソニックリビング近畿
【滅失後】
名前:
用途:
地上階:
地下階:
竣工年:
URL:

+写真
・建物名の写った写真
・ビル表札写真
・全体像写真
・階数判断できる写真
・工事中なら建築計画の写真
・定礎写真(無い場合はweb)

 

上記の項目について詳しく解説します。

ー新しい建物が建っていた場合ー

名前:単純にその建物の名前。建物名の写った写真も撮影。

用途:共同住宅、オフィスビル、ホテルなど。

地上階・地下階:目視とweb情報と照らし合わせて確認。建物名で検索すると情報が出てくると思います。

竣工年:建物が完成した年。入り口付近に「定礎」というものがあればそこに記されています。ない場合はwebで確認。

URL:参考にしたwebサイトがあればURLを記入。

ビル表札写真:オフィスビルの場合、どの階にどんなテナントが入っているかが分かる写真。

全体像写真:建物の全体像が分かりやすいように撮影。

階数判断できる写真:避難階段などが見える位置にあればそれを撮影。

定礎写真:定礎があれば撮影。なければwebで竣工年を調べる。

 

 

ー工事中の場合ー

フェンスに「建築計画」というものが貼られていれば、それにすべてほしい情報が書かれているので、それを見て記入。写真も撮影。

あとは適当に工事現場の写真を撮ってきてください。

「建築計画」がない場合は解体中であるか空地の可能性が高いです。フェンスに何か貼ってあれば写真を撮影、あとは「解体中」「空地」としてくれれば大丈夫です。

~記入例~

EST_ID:36534
BLDG_NAME:SDS関西支社
名前:エステムコート北区豊崎4丁目新築工事
用途:共同住宅
地上階:13
地下階:0
竣工年:平成30年12月初旬
URL:

 

分からないことがあればすぐ言ってください。よろしくお願いします!