秩父ってどんなとこ?電車で巡る秩父体験記

9月

名前は聞いたことがあるけど、何があるのかは分からない。

そんな声が多く聞こえてきそうなのが、埼玉県の西の山奥に位置する秩父。…実際僕もそのうちの一人でした。笑点の林家たい平さんが秩父出身ですよね。よく秩父と大月の戦いを見ていたので知っていたのかもしれません(笑)

とまあ僕の秩父への知識はその程度だったわけですが、今年の夏休みに秩父へ行く機会があったのでその時のことを書いてみました!1473517192144-1

 

そんなわけで秩父へ行ってきたわけですが、実は今回このてりーぬが珍しく大学生っぽいことをしてきました。

それは、な、なんと、、

 

「「サークル合宿」」!!!バーン//

 

これまでの記事ではサークルのことなんて欠片も感じさせなかったと思いますが、細々と参加していたサークルがあったのです。しかもこんな風に旅しているということで、こんな頼りない僕がなぜか幹事を任されてしまいました。。1人2人の旅と団体の旅行では全然違うんだけどなぁ(笑)

まあそれでもなんとか旅行代理店に通って、9月初旬に秩父への一泊二日のプランを立ててきました。合宿とは言いますがまあちょっとした旅行みたいなものですね。

あ、ちゃんと電車使ってますよ。今回出てくるのは西武鉄道秩父鉄道!それでは参りましょう!

スポンサーリンク

特急レッドアロー号

当日朝は西武池袋駅集合。dsc_2568-1

全員が集合したところで、改札を通過!dsc_2570-1

今回乗る電車は、特急「レッドアロー号」!普段はなかなか乗ることのない特急ですが、こういうときは贅沢にいきましょう。

なんかめっちゃ晴れてるし!!いやいいんだけど、元々台風が来る予定でいろいろドタバタしていたので少し複雑な心境…(笑)img_0858-1

そんなことを考えているとあっという間に西武秩父駅に到着!いやー、本当に快適だった、恐るべし有料特急。img_0861-1img_0862-1

秩父鉄道

ここからすぐ近くのところにある、秩父鉄道の御花畑駅へ歩きます。img_0863-1

5分弱で到着!img_0864-1

頭の中おはなばたけ*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*1%e6%97%a5%e7%9b%ae_78

img_0867-1

途中影森駅で乗り換えて、下車したのは武州中川駅。この古風な何もない駅がとても風情があります。
img_0879-1

「とりあえず手前の花をアップで映して後ろをぼかしとけばいい感じに撮れるんじゃないか」という写真。キバナコスモスという花らしいです。img_0883-1

 

そば打ち体験

駅から目と鼻の先にある、こちらのそば道場「あらかわ亭」へお邪魔します!

(他の予定がキャンセルになって急遽決めてしまったので、楽しむことができない人がいたのは胸が痛みます。。)img_0885-1

おばさんたちの説明を聞いて、実際に自分たちでそばを打ちます!

簡単に手順を説明すると、

1.そば粉と水を混ぜてこねる
2.伸ばす
3.切る
4.茹でる

というような感じです。4人1組くらいのグループに分かれてそば打ちスタート!

丁寧に生地を伸ばします。棒をころころとリズムよく転がして、生地を回転させて、また棒を転がして、の繰り返し。力加減が意外と難しかったりします。1%e6%97%a5%e7%9b%ae_80

生地がしっかりと伸びたら、重ね合わせて包丁で細かく切っていきます。左利きの後輩!dsc_2573-1

僕が切ったそば。めっちゃきれいじゃない!?(ちなみに僕も左利き) dsc_2579-1

グループですべて生地を切り終えたら、おばさんに茹でてもらいに行きます。みんな上手!特に右下の僕が切ったやつ!!dsc_2580-1

茹で上がったそばがこちら。1473517192144-1

手作りの天ぷらも添えて。 img_0889-1

グループごとにテーブルを囲んで頂きました。自分で作ったということもあり、今まで食べたそばの中で一番うまかったと思う!やっぱり打ち立ては香りが違うみたいですね。1%e6%97%a5%e7%9b%ae_86

天ぷらもとてもおいしかったです。すこしのんびりしたら、そろそろ次の行程へ。あらかわ亭のみなさんありがとうございました!

 

秩父の中心地へ戻るために、再び武州中川駅へ。写真部員の写真は深みがちがうなぁ…(しみじみ)
1%e6%97%a5%e7%9b%ae_62

電車が来るまで少し時間があったので、何もない駅でただただ写真を撮っていました。img_0878-1 img_0904-1

写真を撮られたがる人がいたので撮っておきました。タイトルは「旅立ちはコスモス」(ださい)。
img_0896-1

ようやく電車が来ました。タイトルは「あの街へ」。img_0919-1

乗り換えの影森駅の待合室にて。img_0923-1

なんかやばい電車来た…(笑)img_0924-1 img_0926-1

 

羊山公園

御花畑駅に着いたら、数人が買い出しに行ってくれている間、残りのメンバーを引き連れて芝桜で有名な羊山公園へ行くことにしました。
1086f9a660ba60337ccc247a8d91466d-4-300x225(イメージ画像、秩父観光なびから)

道中にあった秩父市役所。なんとなくいい感じ。img_0928-1

今から向かう羊山公園には、その名の通り羊がいるらしい!芝桜も咲いていない時期の羊山公園を歩くモチベーションはもっぱら羊になっていました。笑

意外と高い。
img_0929-1

img_0931-1
こんな山道を進んで行ったのですが、、なんと途中で道を間違えていた、!てことで引き返します。せっかくここまで登ってきたのに申し訳ない。。

西武鉄道の電車も僕らをあざ笑う。躍動感!(ぶれただけ)img_0935-1

気を取り直して、緑に囲まれた道を進んでいきます。羊はまだかー!img_0939-1

バッタ。
img_0938-1

しばらく歩くと、ようやく開けた場所へ。春にはここ一面に芝桜が咲き誇っているそう!img_0940-1

でも羊がどこにも見当たらない。本当にいるの?と少し疑いながらも歩き回っていると、、いたーーー!!いたんだけど!……お前なんか汚くね??img_0944-1

なにはともあれ目的を達成(?)したので少しここで休憩。今度は西武秩父駅へ向かって下山します!
img_0945-1

トンネルへ入ろうとする西武鉄道。img_0949-1

垣根のネコ。
img_0958-1

そして西武秩父駅で買い出し組と合流。ありがとうございました!

ここで本日泊まるホテルの送迎バスが待ってくれていました。みんなで乗り込みます。

 

夜景の見えるホテル

この日泊まったのは「ナチュラルファームシティ農園ホテル」という場所。一番安いホテルを選びました(笑)

 

料金が安い方の「別館」にしたんですが、本館から渡り廊下的なところを下って2分ほど歩きます。そしてたどり着いたのは…、crvool7wgaaigls

え、なにこれ普通のマンションじゃん!!そう言えば住宅を改装して作ったってパンフレットに書いてあったような…(笑) 部屋の中は改装したってのはよく分かるけどちゃんとホテルだったのでこれはこれで悪くはないですね!

そして向かい側は畑でした。crvooxpxeaaacx5

 

まずはお風呂へ。このホテルは山の上に建っているようなものなので、露天風呂からの秩父市内の眺めはとても綺麗でした。

そして農園ホテル自慢のバイキングへ。dsc_2582-1

こちらもガラス越しに秩父の夜景が見える素晴らしいロケーションで、とてもおいしい料理を優雅な気持ちで食べることができました!なんですが、写真を撮るのを忘れていました(笑)

 

部屋へ戻って、こういうときの夜は、そりゃ飲みでしょ!!とはいえゆるゆるのサークルなので、みんな思い思いに飲んでいました。

部屋からの夜景!秩父が一望できます。img_0966-1

この後僕の一眼は誰かの手に渡り、カメラには撮った覚えのない写真ばかりが残っているのでした…(笑)

いいかんじの”氷結”。img_0970-1

たまには女子大生の写真でも載せておきましょうか。(どうしてこんなにピントが合わなかった!笑)
img_0985-1

せっかくなので後輩男子も。img_1020-1

すごいきれいな玉ボケ!img_1001-1

 

こんな感じで、秩父1日目が終わりました。なんとかみんなに楽しんでもらえたようなので一安心。たまにはこんな記事も書くよということです。でもちゃんと電車乗ってるしただのウェイ記事にはなってないよね!笑

~本日分かったこと~
・秩父はそばがうまい
・羊山には羊がいるが汚い
・少なくともださくはない

さて、次の日は”長瀞”で陶芸体験をしてきます!お楽しみに!

長瀞ってどんなとこ?電車で巡る秩父体験記
「長瀞」って、どうやって読むの…? これが初めて長瀞という字面を見たときの印象でした。答えは「ながとろ」。これ外から来た人だとかなり難読なんじゃないでしょうか? それでも首都圏ではある程度名が通っている場所で、秩父市の北...

コメント