【篠ノ井線】日本三大車窓・姨捨駅スイッチバック

シェアする

新年18きっぷの旅バックナンバー
その① 【信州松本】映画『orange -オレンジ-』聖地巡礼
その③ 【八ヶ岳高原】日本一高い駅・野辺山と鉄道最高地点

orangeの舞台を一通り巡った僕は、松本駅に戻ります。
そこで、篠ノ井線の長野行きに乗車。

この路線で有名なのは、スイッチバックと、その最中で見える美しい車窓です。

スイッチバックとは
険しい斜面を登るため、ジグザグに敷かれた線路を方向転換しながら進んでいく設備のこと。昔は日本各地に存在していたが、技術の進歩などにより効率のいいとは言えないスイッチバックは次第に解消されていった。

改めて姨捨を訪問しました!こちらの記事でもっと丁寧に解説しているのでぜひ見てください!
【信州撮影の旅】日本三大車窓・姨捨の棚田とスイッチバック

この篠ノ井線の姨捨(おばすて)駅にあるスイッチバックの構造は、めっちゃ簡単に表すとこんな感じになっています。(さすがに適当すぎ?笑)

スクリーンショット (3)

姨捨駅で通過電車を待つ際、眼下には一面の棚田が広がります。ここの車窓は「日本三大車窓」に認定されているんだとか!

P1040589

P1040591

ピンぼけ。。今度はここで下車してみたいですね。

長野駅に着きましたが、ここは実は去年来たばかりでした。当時長野より先はまだ開通していなかった「北陸新幹線」や「富山」「金沢」という案内に変わっていることを確認して、そばを食べるだけにしました。

P1040604

P1010702

こちらが1年前の長野駅、新幹線ホーム。

駅前にある「そば亭 油や」というお店で戸隠おろしそばを注文。

P1040600

北陸新幹線開業に合わせて建て替えられた長野駅の新駅舎「門前回廊」。長野市が善光寺のお膝元として発展してきた街であるということから、このように名付けられました。名前がかっこいいと駅もより美しく感じられますね!

P1040598

P1040601

長野駅からは、しなの鉄道で上田へ。今大河ドラマで話題になっている真田幸村のゆかりの地であり、街ぐるみで盛り上げようとしています。

長野から上田までノンストップの快速しなのサンセット号。通勤通学に使われているようで、めっちゃ多くの人が乗っていてびっくりしました。

P1040605

P1040607

上田駅には、赤い家紋が一面に貼られていました。

P1040617

P1040619

もう夜も遅く外も暗いので、上田城を少し見るだけに。

P1040611

P1040613

P1040614

1時間くらいぶらぶらした後、今度は上田電鉄に乗ります。(手ぶれ…汗)

P1040620

終点別所温泉駅まで。終点まで乗っていたのは自分一人だけという…笑

P1040622

この日は別所温泉の奥にあるゲストハウス「杏庵 にしだ」に泊まりました。

ただ、そこへ着くまでが前途多難でして…。
地図を見ながら向かっていたのですが、途中から明らかに道が細くなっています。街灯もまばらになっていき、暗く険しい山道を、本当に着くのかどうかという不安に打ちひしがれながら登っていきました。。しかも途中で充電が切れるし!笑

このことから 1.懐中電灯を持ち歩く2.容量大きめのモバイルバッテリーを持ち歩くという教訓が生まれました。(18きっぷ電車旅に必要なもの6選+α参照)

中はめちゃくちゃきれい。ここを一人で使えるのは贅沢!

P1040623

P1040624

P1040625

オーナーの方も住んでいるのですが、余ったスペースを民宿として有効活用しているといった感じです。とても優しい方で、いい経験になりました。

別所の山の自然に囲まれた格安の隠れ宿。

こんな感じで、orange巡りに始まったこの日は盛りだくさんの内容でした。

次の日は、電車で行ける日本で一番高いところ!
移転してから新機能も追加したんでぜひ見ていってください!

新年18きっぷの旅③【野辺山・鉄道最高地点】

この日のルート
鶴舞(名古屋市)
↓中央線
中津川
↓中央線
松本
↓篠ノ井線
長野
↓しなの鉄道 快速サンセット
上田
↓上田電鉄
別所温泉

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

スポンサーリンク
レクタングル大